和瓦

和瓦とは、日本瓦・粘土瓦とも呼ばれ、いぶし銀の渋い色合いで、昔から日本建築の建物に欠かせない屋根材として使用されてきました。

この素材は、粘土質の土を成型・乾燥させ、窯業して作られた瓦で、耐久性が高く、厚みがあるのが特徴的です。
そこに加え、大きな衝撃が加わっても割れや欠けなどが発生しない限りは、寿命が約50~100年と長く使用できる優れモノ。

一方、セメントや銅板でつくられた瓦と比べると一つひとつの瓦が重いため、耐震性を心配される方もいらっしゃいますが、屋根を支える下地材に軽いボードを使用することで、屋根全体の重量を軽減するなどの対策を取ることも可能です。

また、陶器という素材の性質上、和瓦は1枚1枚の形が微妙に異なっているため、正確に仕上げるには、高度な技術が必要とされます。
経験豊富な瓦屋根専門の当社にお任せいただければ、瓦の焼き上がり・瓦の納まりを考慮して組み合わせ、しっかりと整えますのでご安心を◎

「新築の屋根を日本瓦にしたい」「瓦が劣化したため葺き替え工事を行いたい」とお考えでしたら、ぜひ当社にお任せください!
お客様のお住まいに合わせて、最適なプランをご提案し、品質の高い仕上がりを実現いたします。

【電話】 0595-55-2088
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 伊賀市・名張市エリア

一覧ページに戻る